未分類

これは知らなきゃ損!ほぼ無金利でお金を借りる裏技

投稿日:

融資に利息は付きものです。お金を借りるのに高い利息を払うのはしょうがないこと、とあきらめがちですが、中には無金利に近いような利息で融資を受けられることがあると聞いたら、怪しいと敬遠しますか?それともぜひ申し込みたいと思いますか?ここでは、安全に安心して、ほぼ無金利でお金を借りられる方法をご紹介していきます。

安全安心な公的機関のほぼ無金利融資!

特定の条件に該当する場合になりますが、国や自治体などの公的機関の貸付を利用すると、ほぼ0~1%という驚くほどの低い金利で融資を受けることができます。

社会福祉資金貸付制度

低所得、障害者、年金受給の高齢者などの世帯に該当する場合は、生活資金、住宅に入居するときの費用、福祉用具の購入や教育資金など、あらゆる用途に利用可能な社会福祉資金を利用することができます。連帯保証人を付ければ金利なしで融資を受けることも可能です。申請や相談の窓口は、各都道府県に置かれている社会福祉協議会となります。

母子父子寡婦福祉資金制度

養育者が母または父のみのひとり親世帯で、20歳未満の子供がいる場合に利用できる融資の制度です。普段の生活のための資金や子供の就学、医療や介護、結婚、ひとり親が独立をするときの事業資金など多種多様な利用目的に応じて申請することができます。連帯保証人を付けることが出来れば無金利になる場合もありますので、詳しくは各自治体の窓口などで相談、申込みをされてください。

女性福祉資金制度

配偶者と死別や離別をしていて、親や子供などを扶養している女性の場合、もしくは独身の場合でも条件に該当すれば女性福祉資金を受けられる可能性があります。生活資金から住宅資金、子供の就学支度金や結婚資金、就職のための技能習得資金や事業開始資金まで、ありとあらゆる用途に対応した制度となっています。連帯保証人を立てれば無金利で、保証人がいない場合も1.0%という低い金利で借り入れをすることができます。申込みは、各市町村の窓口です。

ゆうちょ銀行で審査なしの低金利貸付サービス!

意外と知られていないのが、ゆうちょ銀行で受けられる自動貸付のサービスです。これは、ゆうちょ銀行で定期預金がある場合に、その預金額の90%まで、通帳一冊につき300万円までを限度額として審査なしでお金が借りられる制度です。条件を満たせば、18,19歳の未成年でも借り入れが可能です。金利は0.25%~0.5%とかなり低く抑えられています。返済は普通預金の口座にお金を入れれば期日に自動引き落としとなります。ただし貸付期間は2年となっており、この期間に返済が出来なかった場合は不足分を定期預金から引き落とされますので注意が必要です。定期預金での借り入れの他にも、国債や財形成貯金担保での貸し付けも行っています。

消費者金融なのに無金利で借りられる!?

消費者金融は金利の高いイメージが先行していますが、そんな消費者金融にも無金利でお金を借りられることがあります。それは、初めてのご利用で30日間(商品と条件によっては180日間)無金利融資というお得なサービスです。初回の利用分に限られますが、給料日までにちょっとだけ借りたいというときや、緊急的に少額必要だが持ち合わせがない、旅行先で急に必要になったが帰ったらすぐに返したい、などというときも、審査もスピーディーですし即日融資も可能ですので、困ったときにとてもありがたく、有意義に賢く利用できるサービスの一つではないでしょうか。

まとめ

お金を借りることは勇気も要りますし、申請には労力も掛かりますし、返済に根気も必要ですので、借りると決断するのも容易ではないでしょう。ただ、本当に必要なのに一歩踏み出せずに苦しむよりは、こういった制度やサービスがせっかく用意されていますので、ちょっと面倒な気持ちや恥という概念を脇に置いといて、頼ってみてはいかがでしょうか。相談するだけでもお金に関する悶々とした状態が整理されて、問題や解決の糸口もすっきりと見えてくるかもしれません。

-未分類

Copyright© マネーの大天使|低金利でお金借りる究極ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.